厚生労働省の取り組み

国民が健康であるために運用された活動

健康日本21の基本的な内容

現在、日本において起こっているさまざまな健康問題に、国が率先して対策をしていくことが望まれています。そんな中、それらの要望に応える形で厚生労働省が打ち出している基本的な方針が、健康日本21です。平成24年に公表され、平成25年に適用されている指針となります。健康日本21の基本的な理念として、高齢化社会においての健康管理が重点的に取り扱われています。そして、生活習慣病をはじめとした重大な疾病に関する予防活動や啓蒙活動などが行なわれている他、定期的な健康診断などが各自治体などでさまざまに実施されているのです。また、働いている人を中心に、メンタル面での対策も積極的に行うことが宣言されています。自殺問題の対策などと関連し、重いストレスを抱えている人や精神的な疾患を抱えている人に対して、総合的なケアが行なわれているようです。それに加え全体的な健康対策も設定されており、幅広い世代の方が対象になっている健康促進のための運動大会が催されています。さらに、健康促進に関連した啓蒙イベントなども、定期的に開催されているのです。この健康日本21では、これらの対策に関して具体的な目標が設定されています。すべての世代の人が健康に関する知識を深め、この活動の認知度を高めるなどの目標の他、健康に対する国民の意識を高め結果的に平均寿命を伸ばしていくことなどが設定されています。また、医療関係者などがこれらの活動からさまざまな知識や経験を得て、国民が抱えている健康問題の課題を共同でクリアしていくなどの活動も期待されているのです。併せてチェックしてほしいサイト⇒「http://kenkojapan21.net


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2019年3月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近のコメント

    カテゴリー

    • カテゴリーなし